未知の分野IT業界でがむしゃらに走って
振り返った時、成長している自分に出会えた。

BigDateソリューション事業部
金融ソリューション部

Y.H.

2017年新卒入社

01
TSRを選んだ理由

完全に文系だった私が、
人柄と社風に惹かれて飛び込んだIT企業。

業務内容というより、社風や社員の方の人柄に惹かれた部分が大きいです。学生時代から完全に文系だった私は機械に詳しくもなく、ITは苦手と感じていました。ですが就活をしていく上でTSRの人事の方とお会いする機会があり、その方がすごく親身に話を聞いてくださって。その時に「会社の成長も大事だけれど、それにプラスして林さんの今後の力になりたい。そんな成長を共にしていきたい」と言ってくださったことが強く響きました。人間としてすごく立派な方が働いている企業なんだ、と。

入ってみるまではIT企業ってずっとプログラミングをしているようなイメージでした。でも実際はプログラミングよりも、どうやったらそのシステムが作れるのかを考えたり、設計したりする仕事が多く、全くの素人でもきちんとした指導の下で基礎から身につけられる。そういう意味では気後れせずに入っていける業界。というか、TSRはそうだったなと今になって強く思います。

私の仕事

能動的に顧客の課題を見つけ、
システムを通じた解決策を提案。

部のミッションは、クライアントである銀行様の「こうしてほしい」というニーズに応えるだけでなく、改善すべき点やさらなる業績を上げる方法など、顧客自身にも見えていない問題を発見して解決策を提案することです。
現在私は2002年から当社が携わらせていただいている銀行の顧客管理システムを再構築するというプロジェクトに取り組んでいます。

全く知らない業界で、最初はプロジェクトの先輩方にもたくさんご迷惑をかけながら仕事に追われる日々が続きました。でも頑張ってがむしゃらにやっていて振り返ると、できるようになった・知ることができた、そういうことがたくさんあって。入社1年目から自身にとってプラスになるようなプロジェクトに配属させていただけたことをありがたく思っています。

SCHEDULE

09:00
出勤/リリースモジュールの修正
09:30
チーム進捗確認
10:00
本番環境の障害調査
12:00
チームリーダーへの調査報告/他チーム連携
12:30
ユーザー報告資料作成
13:00
昼食
14:00
リリースモジュールの修正
17:00
チーム間MG リリース方針検討
17:30
リリース対象報告資料の作成
18:00
退勤
仕事のやりがい、TSR魅力

自分の中で芽生えた責任感と成長の実感。
優しい人に囲まれた環境で学ぶ日々。

社外に出ることが多い部署なので視野や知識が広がるし、経験を積める。学生時代は自分のことだけ考えていればよかったけれど、今はチームやプロジェクトの責任を強く感じるようになりました。
あるシステムのリリース時のことですが、夜間待機での不具合の確認をする作業がありました。初めは夜間待機が何をするものなのかも分からないまま、ベテランの先輩と一緒に確認作業にあたっていました。約1ヶ月後には私一人で任せてもらえるようになり、そういう時は成長できたのかなと思えます。

TSRはすごく優しい方が多いです。部活もあって、そこでも楽しく輪を作れています。人柄だけでなく、仕事面ではメールのレスポンスや口頭での連絡の仕方など、とてもきちんとされています。そういった基本的なところも先輩から学ばせていただいていますね。
あとは友人からびっくりされたのが、協定を順守しながら残業をするということ。それくらい就労に関して気を配ってくれている会社だし、部活に補助金が出たりもする。社に愛着心を持てる環境です。

私のこれからと皆さんへのメッセージ

求められるのはコミュニケーション力。
文系的な思考も役に立っています。

応用技術者試験の資格を取ることは入社時からの思いなので、まずはそれを実現したいです。業務面では、ずっと携わってきたプロジェクトが大規模なため、まだ全体がつかめない部分もあり、今後は小規模なプロジェクトなど様々な仕事に参加して経験を積んでいきたいですね。

TSRに入社してほしい人材としては、自分の考えを話すこと・人と話すことに気後れしないことが最低限必要なのかなと思います。実際、コミュニケーションの不足によって1つの認識違いがあり、それが元でプロジェクト全体に齟齬が生じてしまった、ということもありましたから。

就活生の皆さんには、自分の頑張りを認めてあげて、適度に自身を労ってあげて欲しいと思います。私自身もそうでしたが、就活中は視野が狭くなりがちだし、ふさぎ込みやすくもなりますよね。うまくいかない時も、相性と運の問題だと気持ちを切り替えていっていただけたらと思います。