TSR トレンドソリューション

業務改革その仕事を迅速にIT化

クラウド+RPAで働き方改革を推進

システム化対象から置き去りされたその業務。
何とか効率化できないか?

古くなった身の回り業務向けシステム。或いはシステム化から取り残されてしまった身の回りの業務。働き方改革が声高に叫ばれている今、これらを簡単にクラウド化そしてシステム化し、場所を選ばず業務が遂行できる環境整備が今、求められています。また転記集計業務などの効率化には、RPA導入等が広がりつつありますが、旧式な仕組みが故にうまく適用できないケースが発生しています。

開発基盤とRPAを連動させ、
短時間で効率化を実現

Salesforce Platformなどの開発基盤を使い、現場で話を聞きながらプロトタイピング作業を通じアプリケーションプログラム開発を行うことで、短時間に希望する形で業務のIT化、クラウド化が可能となります。また、転記集計などにはRPAを使い、効率化したITシステムと連動、連携させることで、全社システムとしての整合性が取れる環境構築ができます。

浮いた時間をより有効活用へ

業務システムのクラウド化により、場所を選ばずに作業できる環境の整備ができます。またRPAと組み合わせることで、作業効率の改善だけでなく業務間の連携も図れるようになり仕事の効率化、迅速化が実現します。浮いた時間を接客やほかの業務に充てられるようになるので、働き甲斐を更に高めることが可能となります。