TSR トレンドソリューション

食の安心、安全を担保する

監視カメラ、IoT、生産管理システムを組み合わせ
業務の流れの見える化で解決

そのトレーサビリティやフードディフェンスの
仕組みは有効に機能しているか?

ネット社会の今日だからこそ、問題が発生した場合のより迅速な対象物やロットの特定、さらには原材料、製造工程も含む原因究明や仕入れ経路の特定などが求められています。また雇用形態の多様化等に伴い、働き手と企業との関係性も従来とは大きく変わりつつあり、安全面でも以前にも増した注意喚起やガバナンス可能な仕組みが求められています

物の動き、人の動きを把握・管理することで、
効率化と安全性の両立を図る

物が入荷してから製造過程、梱包そして在庫化や出荷されるまでの流れをロット別等の最小レベルで管理可能な仕組みを構築。またIOTなどを駆使し生産工程の状況把握も連動させます。そして不測の事態になった場合、すぐにトレースバックあるいはフォーワードを可能とし、原因の特定やその影響範囲を迅速に把握が可能です。また現場に入退出する要員の管理を徹底することで、人的被害発生を極力抑止します。
食品業の基幹システムにノウハウとソリューションを持つTSRだからこそ実現可能です。

業務の見える化が実現

品質、安全に対する絶対の自信。また万一問題が発生した場合、原因究明が迅速に行え、また特定可能となるので消費者の安全の迅速な確保と安心感の醸成が可能となります。また(範囲の特定化により)経営へのインパクトも最小化が図れます。更に従業員から見れば、監視カメラも含め管理されている感覚が醸成され、不正発生の抑止力としても機能します。