スマート生産管理ソリューション

急激な市場変化に対応した生産業務を強力に支援

ソリューション概要

物づくりの現場において、経営資源(人、モノ、金、設備、情報)の効率的な運用を実現する為の
「計画」「手配」そして「進捗・実績管理」を実現します

ソリューションの特徴、強み

  • 1.加工組立型及びプロセス型などあらゆる製造業での利用が可能

    基準生産計画に基づき、原材料や必要資材の計画から調達手配、更には工程や人的リソースの負荷把握を踏まえた生産計画の立案・推進とその実績管理、といった生産管理に必要な各業務をこれ一つで対応可能です

  • 2.管理の容易性と高い柔軟性

    ひとつのシステムで複数の自社工場は勿論のこと、関連・協力会社など別法人の工場管理も可能となります。また同一品番を持つ製品を複数工場で生産することも可能となるなど、全体の運用管理が大幅に効率化します

  • 3.ロット番号管理機能が豊富

    社内ロット番号だけでなく、仕入れ先からの外部ロット番号、資材などのロット番号等ロット番号管理が充実しており、多様なニーズに対応可能です

  • 4.トレーサビリティ機能も標準装備

    原材料や資材の原産地、固体情報や使用期限をロット別に管理し、入庫から出庫までの履歴を一連のものとして管理可能なのでトレースバックやトレースフォーワードにも迅速に対応可能となります

  • 5.単位換算機能、包装資材の版番号管理、更には中間品製造における副産物管理が可能

    個数、重量等複数単位での在庫管理に対応。また不定貫品も含めた在庫管理を実現。製造途中で発生する副産物も在庫として管理できます

  • 6.他システムとのスムーズな連携を実現

    全体最適計画システムとの連携の他、製造実行システム(MES)、更には販売物流システム、仕入先管理システムと疎結合に連携。段階的に基幹系システムの構築が可能となります

こんな問題で困っているお客様に最適です

  • 生産計画や調達が属人的であり、エクセル等個人のツールに依存している
  • 購買品のロット管理はみなしで対応している
  • 紙媒体が多用されている。また紙とシステムの二重入力等が横行している
  • 生産計画とは別の投入数量を現場で手計算し生産設備に入力指示している
  • 投入間違い、漏れによるロスの発生
  • 使用期限切れ等原材料に誤投入リスクがある

導入のメリット

スマート生産管理を導入すると以下のようなメリットが期待できます

業務の可視化と変更への対応の容易化


  • 計画から実行プロセス迄が可視化され、作業効率の改善が図れるとともに進捗状況の把握が容易になります

  • 計画変更が発生した場合にも、資材の再手配や製造手順、日程の見直し等が迅速に行えますので調整の負荷の低減がはかれます

人、モノ、金、設備、情報の有効利用が実現


  • 計画や手配にかかっていた労力や時間が削減でき、労働生産性の向上が図れます

  • 効率的な手配が実現できるので、原材料、部品の他、仕掛かり在庫や製品在庫の削減が可能です。また在庫保管に伴う保管費など在庫費用の削減も併せ期待できます

  • 最適な計画により、設備利用も効率的になります

  • 生産実績データを取り込み問題・課題を分析することで、より効率的な生産計画の立案や改善につなげることが可能となります

確実・迅速なトレーサビリティを実現


  • 原材料から中間品、製品までのロットトレースが可能となり、トレースバックやトレースフォーワード等が正確かつスピーディに実現します

スマート生産管理ソリューション

機能一覧

  • 単位換算機能、1品目複数管理単位に対応

  • シュリンク率・使用率を用いた正確なレシピ表現

  • 副産物の発生と投入

  • 代替原料の管理

  • 容器管理、在庫の容器・入れ目ごとの管理

  • ロット情報(期限、原産地、個体情報等)とトレーサビリティ

  • 品質管理機能

  • 簡便な実績入力と情報管理

  • 高速なMRPエンジン