AIセルフトレーニング

AIロボットがお客様、スーパーバイザー(SV)の2役を担い、新⼈コミュニケーターの育成を⽀援

ソリューション概要

ネットでのお買い物、製品やサービスの問い合わせ等で、企業とお客様との最初の接点となるコンタクトセンター。
コミュニケーターの重要性は高まっているものの、一方でその育成には多大な労力と時間がかかります。
AIセルフトレーニングはオペレータ/コミュニケーターの育成負担の軽減と効率化を図ります。

サービスの特徴、強み

サービスの特徴、強み

コールスクリプトを学習させたAIがお客様役となり、コミュニケーターのトレーニング相手を務めます。その会話の内容をAIが分析し、伝達が必要な事項の明確化や、不適切な表現の訂正ポイントを指摘する等スーパーバイザー役を務め、オペレータの教育指導を支援します。

契約内容や商品に対する各種問い合わせ、更にはクレーム等応対のバリエーション(コールスクリプト)をAIに学習させておくことで、様々なシチュエーションに応じたトレーニングが可能となります。

どんな顧客課題に有効か?

以下のような課題を抱えているコンタクトセンター様に有効です

  1. 1. コミュニケーターの知識や技量をアップさせたい
  2. 2. 正しい製品知識、法律知識に基づく応対をさせたい
  3. 3. 必要最低限の事項は、誰でも同じように伝えられるようにしたい
  4. 4. 繁忙期のコミュニケーターの増員をもっと迅速に効率的に行いたい
  5. 5. スーパーバイザーの教育負荷を軽減したい

他社サービスとの違い

  • お客様役のAIは、男性/⼥性の他、喜びや怒り等感情を帯びた表現ができ、実際の現場に近い形での練習が可能(オプション機能含む)
  • コミュニケーターの発話内容は⾳声認識され、AIにより表現内容を分析、訂正ポイントをその場で指摘
  • クラウドサービスのため、利⽤時間帯の制約なく、コミュニケーター要員の空き時間を利⽤したトレーニングが可能

ご提供イメージ