標準原価との差異が発生しているが、原価集計だけで分析が行えていないので改善活動に繋がらない

スマート原価管理ソリューションでは、利用目的に合わせた複数の原価種別の集計設定、経営から業務まで様々なレイヤー観点に合わせたレポートの提供などにより、集計時間を短縮し分析時間捻出を可能にします