各種計画に必要な情報源、調整ロジック、使用帳票などが属人化しており、標準化や情報共有が進まない

スマート全体最適ソリューションでは、標準画面内で実際の販売や出荷実績と照らし合わせることで過不足の管理を効率化を実現します。また、確認漏れが生じやすい低頻度出荷品についても、きめ細かに対応が可能です。